顔 乾燥 赤み

顔の乾燥が赤ら顔の原因といわれていますが・・・

顔の赤みは乾燥が原因といわれていますが、乾燥肌を直せば赤ら顔は治るのでしょうか?



わたしの友達が顔の赤みがずっと気になっていて、乾燥肌対策をいろいろやっていました。
でも、顔の赤みが全然取れなかったんです。とうとうお医者さんに相談したんですが

「原因がわからない」

と言われちゃったんです。
実は顔の赤みは専門家でも原因がわからないらしいのです。


じゃあ、顔の赤みは治らないの?

そんな友達がいろいろ調べて最近発見したのが「毛細血管にアプローチする化粧水」です。

どうやら顔の毛細血管はお腹の約5倍もあるらしいのですが、赤みは毛細血管が透けて見えているのが原因だそうです。この化粧水は肌にグングン浸透して、ひろがった毛細血管にアプローチするから効果があったみたいですよ。

毛細血管が赤みの原因

顔の赤みは毛細血管が透けているのが原因らしいのですが、そもそもナゼ毛細血管が見えるのでしょうか?

原因は血管の拡張のようです。血管は伸縮して血液の流れを調節しているらしいのですが血液中の赤い色素(赤血球)が正体です。皮膚が薄い部分(頬や鼻)が表皮の刺激と戦うことで炎症が起こります。これが赤みの原因ではないかといわれています。

皮膚が薄いのが原因?

皮膚が薄くなりやすい顔の部位は、頬や鼻です。

それに、頬や鼻は顔の中でも出っ張っている部分なので刺激を受けやすいですね。
だったら皮膚に厚みを持たせたらいいのでは・・・?

そこで方法を調べてみました。
薄くて敏感な皮膚を改善するには角質層を育る!!


とくに難しいことはなさそうです。

・刺激の少ない、保湿力のある石鹸やクリームを使う
・化粧を控えめにして、なるべくクレンジングオイルを使わない
・洗顔をする際は、肌を強くこすらない
・紫外線対策をする
・血管を保護するビタミンCを多く摂る
・タップリ睡眠を摂る

すぐに実践できそうですよね。ただ、効果が出るまで時間が掛かりそうでもあります。
前述の友達が使っている化粧水ならすぐに実感できるらしいです。

洗顔方法を見直してみよう

正しい洗顔方法って知ってますか?
意外と知られていない洗顔方法。適当に洗顔をするから化粧品や洗顔料が肌に残っていることもあります。
これが原因で肌が炎症を起こして顔の赤みにつながっているなんてこともありますよ。

または、洗顔のしすぎ。メイクや洗顔料が残っていたら肌に悪いといって、ゴシゴシと
顔を擦りすぎて、摩擦が原因で赤ら顔になることも。

正しい洗顔方法は

・まず顔をよくすすいで余分な汚れを落とす
・洗顔料を十分に泡立てる
・Tゾーンから優しく泡をのせていく。擦らないように!!
・すすぎはしっかり!これも擦りすぎに注意
・洗顔後の保湿もしっかりと

化粧品は?

刺激の強い成分が入っている化粧品や、そもそも化粧品が肌に合っていないことが原因で炎症が起こり赤ら顔になるケースが多いです。

また、赤みを消したいからといってファンデーションを厚塗りしていては根本的な解決になりません。
ファンデーションは脂分が多い製品がたくさんあります。それが影響して顔の炎症を引き起こし、かえって逆効果なんてことも。

やっぱり乾燥が気になる

乾燥肌の症状は

・肌のツッパリ
・カサつき、
・毛穴の開き、
・皮むけ
・肌の赤み

など。乾燥状態が続いてとても敏感になっている可能性があります。
これは体温が上がって顔の血行がよくなり赤くなるのとは違います。

どうやら肌の乾燥が進むと敏感肌へと悪化し、0.2mm程度のとても薄い表皮が更に薄くなってしまう
ようです。それで毛細血管を流れる血液が透けて見えるようになる、これも赤ら顔の一因です。


では乾燥肌を改善するには肌そのものの再生力を高める必要があります。
具体的な対策は

・充分な睡眠
 夜の20時から深夜2時頃までの間に寝る(ゴールデンタイム)

・肌になるべく余計な刺激を与えない
 服や帽子、マフラーなどの繊維が刺激して摩擦が起きる

・ストレス
 ストレスを溜め続けるとホルモンバランスが崩れて肌の再生能力が弱まります。


これを全部実践するのは難しいですね・・・。
この化粧水なら簡単かも。

↓ ↓ ↓


ため スキンケア ケア 記事 健康 トラブル チェック 便利 大学 監修 予防 ドクター ビニール クリップ 講座 女性 外敵 機能 会員 登録 肌荒れ はく 食卓 一つ クリニック 自分 皮膚科 毎日 日頃 大事 ピーリング 選び 多く 調子 悩み かゆみ 美容 くま 関係 周期 目の下 保持 水分 オルビス ピリピリ 食事 菲薄 カラダ 参照 美白 免疫 ニキビ 大切 シワ 侵入 生活 バリア機能 そばかす 真皮 シミ 無料 たんぱく質 もの 細胞 サイトカイン その他 情報 反応 周辺 医師 保存 内部 元凶 自体 身体 常在菌 無駄 増加 生理活性物質 増悪 最善 ダイレクト 外部 神経 過敏 ダメージ 過剰 増殖 重要 以下 役割 外側 あれ スポンジ 服装 こまめ 体温調節 温熱 寒冷 これら 内容 睡眠不足 気をつけ キープ 過不足 地道 コツ ご覧 参考 意見 クリア シリーズ 着目 トータル そのまま ヘルスケア 公式 アプリ むき出し 習慣 関連 つの 種類 顆粒 選び方 過度 特徴 乱れ 栄養 偏り あわせて読みたい 敏感肌 直接 マッサージ しっとり やわ 四谷三丁目 美容皮膚科 一般 診療 生まれつき 訪問 一覧 花粉症 乳酸菌 紹介 ここ 問題 美肌 ヨーグルト インフルエンザ エイジング サイン ヤマノ 琥珀 オールインワン グレード アップ さまざま 自宅 ヘアカラー ポイント 年齢 せい 以外 日本 唯一 薬用化粧品 誕生 効能 驚き 試験 結果 潤い 不可欠 ミネラル シリカ つけ コットン まとめ 読み 二つ 活発 脂性 使用 バスト フォロー サイト サービス 利用 済み ログイン あなた ページ 参画 掻痒 りゅう たるみ ほうれい線 吹き出物 日焼け ボディケア ハリ ツヤ まつげ 口内炎 害虫 蕁麻疹 じんましん 火傷 やけど 発疹 問い合わせ スマートフォン 伝わる 悩む くださる 育てる 守る 作る 読む 治す くすむ ひる 心がける 浮き出る 落ちる みえる 防ぐ 和らげる 担う 削れる 失う 引き起こす みなす 思える 指す はがれる 戻す 増える 働く 和らぐ なくなる 行う 削る 抱える 治まる 現れる えらぶ られる 繰り返す てる 分ける 伴う 洗う 入れる 始める 感じる 楽しむ 関わる しくむ 飲む 補う うるおう 振り返る 詳しい 大きい 痛い 冷たい 暑い ひどい よい 高い 弱い やさしい 忙しい 賢い 攻撃 場合 わけ 見直し 自己 大切なこと 合成 界面活性剤 無添加 固形 ぬるま湯 乳液 配合 セラミド スパイラル まま 両方 物質 根気 確認 食生活 生活習慣 有効 アルコール たばこ カフェイン 嗜好品 香辛料 刺激物 重症 受診 施術 処方 セルフケア 同様 治療 継続 自分自身 誤作動 システム 仕組み 体内 とき 質問 有害物質 細菌 免疫力 存在 表面 選ぶ やっつける くる 陥る うながす いただく 洗い流す 兼ね備える 言える かる 踏まえる 異なる 避ける ためる 応じる もらえる 傷つける 得る 答える お気に入り 詳細 小鼻 皮脂 追加 出典 アップロード 対処 皮ふ きわ 美学 周り 意外 ニベア 分泌 ダイエット 性病 使い方 以上 誤解 効き目 ワセリン 異例 ヒット いま 季節 フード ファンデ コンシーラー 生の声 レシピ こちら 率直 リアル 酸化 きっかけ 脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹 頭皮 顔面 場所 中心 付着 かさ ウロコ 多量 患部 発症 仕方 加速 がち 変化 イメージ 最低 知らない 過酸化脂質 放置 感想 二つ目 基本 朝晩 油分 要注意 旅費 リゾートバイト 魅力 綺麗 トップ おでかけ グルメ 暮らし アイデア おかず 弁当 おつまみ 作成 エクササイズ 肩こり ユーモア ネタ 動物 びっくり 過去の人 参加 ヘパリン 類似 話題 みんな 必見 インナー ドライ ヶ月 プチプラ ユニクロ ビジネス ウェア 進出 ノリ テクニック 見る 探す あかぬける 老ける 漏る しれる 耐える 取り戻せる 売れる 出来る 混ざる 隠す く 浴びる フケる ともなう つく 考える うる ふう 取り戻す いける 伸ばす ぬかる おく 放つ 下る でる 教える 癒す まつ まとめる 使える 美しい 珍しい 細かい すごい 早い 肌荒れ 赤み ヒリヒリ 顔 赤み 原因 顔 赤み かゆみ 肌荒れ 赤み 化粧水 肌 赤み 消す 顔 赤み 消す 頬 赤み 原因 肌荒れ ブツブツ 顔 赤い 病気 顔 赤い 湿疹
 

サイトマップ